本文へスキップ

パソコン初心者さんを対象にしたホームページです。パソコンで悩んでいることがあった時の手助けになれれば幸いです。

ホーム  > ワード関連メニュー  > 図形を使ってクマの絵を描いてみよう その1(ワード2007 2010 2013 2016対応)

ワード・図形を使ってクマの絵を描いてみよう その1CONCEPT

クマの完成

基本図形は「円/楕円」を使ってクマの絵を描いていきます。
(手順の説明図は、「Word2010」の画面です)


手順

01.円楕円の選択
01. 
(1) [挿入]タブをクリックします。
(2) [図]グループにある「図形」をクリックし、
(3) [基本図形]の中にある「円/楕円」をクリックします。
02.円を描く

02.[+]の形をしたマウスポインタに変わるので、適当な位置から右下斜めにドラッグして円を描きます。(大きさは適当に描きます)

03.サイズを変更 画像
03. クマの顔のサイズを変更します。
(1) 図形が選択されていることを確認し、
(2)[書式]タブの[サイズ]グループにある「サイズ」を適当なサイズにします。
(ここでは「高さ=32mm」、「幅=39mm」にしています)
04.顔の塗りつぶし

04. 図形を塗りつぶすので、[書式]タブの[図形のスタイル]グループにある「図形の塗りつぶし」をクリックし、適当な色を選択します。
(ここでは「オレンジ、アクセント2、黒+基本色 50%」を選択しました)

05.枠線なし

05. 外枠線を線なしにするので、[書式]タブの[図形のスタイル]グループにある「図形の枠線」をクリックし、「線なし」をクリックします。 これでクマの顔の輪郭が出来上がりました。

06.コピー

06. 次にクマの耳を描きます。図形が選択されていることを確認します。
[ホーム]タブの[クリップボード]グループにある「コピー」をクリックします。

07.貼り付け

07.[ホーム]タブの[クリップボード]グループにある「貼り付け」をクリックします。

08.移動

08. 貼り付けた図形を少し右のほうへ移動させます。

09.耳のサイズ 画像

09. サイズを変更するので、[書式]タブの[サイズ]グループにある「サイズ」を適当なサイズにします。
(ここでは「高さ=13mm」、「幅=13mm」にしています)

10.耳の内側コピー

10. 耳の内側も作成するので、[ホーム]タブの[クリップボード]グループにある「コピー」をクリックして、「貼り付け」をクリックします。

11.塗りつぶしの色オレンジ

11. 塗りつぶしの色を変更します。
[書式]タブの[図形のスタイル]グループにある「図形の塗りつぶし」をクリックし、適当な色を選択します。

12.サイズを7mm 画像

12.[書式]タブの[サイズ]グループにある「サイズ」を適当なサイズにします。
(ここでは「高さ=約7mm」、「幅=約7mm」にしていますが、若干誤差が生じることもあります)

13.オブジェクトの選択

13. 外側の耳と内側の耳を揃えるので、シフトキーを押したまま、外側の図形(1)をクリックします。

14.左右中央揃え 画像

14. 2つの図形を左右中央に揃えるので、[書式]タブの[配置]グループにある「配置」をクリックし、「左右中央揃え」をクリックします。

15.上下中央揃え 画像

15. 次に上下中央に揃えるので、[書式]タブの[配置]グループにある「配置」をクリックし、「上下中央揃え」をクリックします。

16.グループ化  画像

16. この2つを1つにまとめるので、[書式]タブの[配置]グループにある「グループ化」をクリックし、「グループ化」をクリックします。

17.耳をコピー

17. 片方の耳ができたので、これをコピーし貼り付けでもう片方の耳を作ります。

18.位置をそろえる

18. 2つの耳を適当な位置まで移動して整えます。

19. その2のページへ進みます →

バナースペース

相田みつを氏の詩集